ABOUT PEACE JAM

 

ごあいさつ



ピースジャム工房には新生児や未就学期の親子が集います。
育児を支え合いながらジャムやベビー用品の製 造販売をしその収益によって地域へ開放している広場 の運営や、新たな親子の雇用へつなげています。 持続的な育児コミュニティ作りとしてだけではなく、 この活動によって「子育てをしながら働ける基盤」づくりをし 「産みやすく育てやすい環境」を社会へ波及することを目指しています。 親子を中心に多世代の人と人が関わり合うことで地域が より豊かなコミュニティを築けるビジョンを描き、 地域に根ざして今後も活動してまいります。 温かな応援をどうぞよろしくお願いいたします!

特定非営利活動法人 ピースジャム 代表 佐藤 賢


Peace jam studio gathers newborns and parents of pre-school years. We manufacture and sell jams and baby goods that support child rearing and manage the open space that is open to the community by its substitution and lead to the employment of new parents and children. This aim is not only to create a sustainable child rearing community, but also aims to spread "creating a foundation for child rearing" to "society's easy-to-grow and easy-to-grow environment" through this activity. We will draw a vision that allows the region to build a richer community by involving people and generations of people around parents and children, and will continue to root in the community. Thank you very much for your warm support!

Peace Jam representative nonprofit corporation Ken Sato

団体概要

団体名特定非営利活動法人 ピースジャム
設立2012年5月22日 (任意団体設立 2011年3月12日)
目的東日本大震災で被災した新生児、乳児、幼児及びその母親を対象とした生活基盤支援を目的とする。
団体理念 「とにかく赤ちゃんのおなかは減らさない」
事業内容個別支援物資配送活動 雇用支援事業 子育て支援事業 オンラインショップ PEACE-JAM SHOP http://peacejam.shop2.makeshop.jp/
お問い合わせ/アクセス電話/FAX 0226-29-6583 E-mail: info@peace-jam.org
住所〒988-0843 宮城県気仙沼市落合254-1
 

PEACE-JAM ACSESS

footer

【沿革】

2011年3月佐藤賢が個人で物資支援活動を開始
任意団体「災害時乳児救済ボランティア ピースジャム」を結成し、
気仙沼を中心に南三陸町から大船渡市まで、個別訪問によるニーズ調査と物資支援活動を開始
2011年10月被災地の母子を対象とした雇用支援事業としてジャムの製造・販売を開始
おやこサロンを開始
2012年3月雇用支援事業に縫製部門を追加し、報製品の製造・販売を開始
地域内交流を円滑にし、併せて製造基盤を強固にすべく拠点事業構想を練る。
2012年11月理事長 佐藤賢が「第5回インターナショナル・マイクロファイナンス賞」を日本人として初めて受賞する。
2013年11月工房建設開始
2014年5月工房竣工
2014年8月損保ジャパン佐藤会長(当時)視察とピースジャム理事長 佐藤が地域コミュニティについて対談
2014年9月ピースジャム工房稼働開始
2014年11月理事長 佐藤が気仙沼まちづくり協働推進委員に就任
2015年4月広場とツリーハウスの着工開始
2015年6月理事長 佐藤が、けせんぬま創生戦略会議分科会委員に就任
2015年9月ピースジャム広場が完成し一般開放される
2015年10月ツリーハウスが完成し一般開放される
2016年9月ピースジャムが宮城県の震災復興ポスターに起用される
2016年10月ピースジャム工房へ政府の視察団が訪れる。
安倍首相、今村復興大臣、小野寺五典代議士へ「育児期の働き方」について
ピースジャムが実践するライフワーク・バランスの仕組みと取り組みを理事長 佐藤が説明した。

【団体名の由来】

様々な奏者が関わりあうことによって一つの曲を奏でる音楽のジャムセッションように、
平和(ピース)というフィールドに多くの人が
主体的に参加して欲しいとの願いを込めて「ピースジャム」と命名した。


As a jam session of music playing a song by a variety of players involved,
we named "peace jam" as a wish that many people want to participate actively in the field of peace did.

【メディア情報】